ビジネスの為に借りる倉庫を選ぶ時のポイント

2018年1月27日

倉庫には様々な種類がある

ビジネスを行う上で物を収納するスペースが必要になる事が多々あります。物販など物を売って利益を出している事業ならば商品を保管する為の倉庫が必要になりますし、それ以外の業種でも機材などを保管する倉庫は必要になります。貸倉庫にはそれぞれ種類があって特徴が違うので、自らのニーズにあった倉庫を選ぶ為に特徴を把握しておくと良いです。

倉庫を一棟まるごと借りる場合は費用は高くなる傾向にありますが、充分なスペースを確保できて大量の物品を保存するには最適です。空き地にコンテナが設置されていて、そのコンテナを倉庫として借りる場合は倉庫を一棟借りるのと比べるとスペースは小さい分コストは抑えられます。

建物の中の部屋を区切って倉庫として使えるビルドイン型の倉庫もあります。ビルドイン型の倉庫では物の出し入れがしやすく、部屋の大きさによってはスペースも広めに確保できます。

ネットショップに適した倉庫

インターネットショップの在庫を管理する為に倉庫を利用する人向けに貸し出されている倉庫もあります。食品などを保存する為のクーラーボックスを完備していたり、特に扱いに注意が必要な割れ物の管理をしてくれる貸倉庫もあります。

インターネットショップで物を売る時は在庫の管理をしながら注文が入れば自分で梱包と発送まで行う必要があります。インターネット通販のサイトによっては在庫の管理と梱包と発送まで行ってくれるサービスを提供してところもあります。一般的な貸倉庫を契約する以外のメリットもあるので、インターネットで物販をする時に便利なサービスです。

3PLとは、外部の専門業者に、倉庫などでの商品の保管・在庫管理などまでを含めた、物流業務全般を依頼することです。物流業務すべてを依頼することにより、業務を簡略化することができ、コストダウンできます。