白色申告は確定申告の憂鬱さを解消してくれる素晴らしい申告方法

2018年1月28日

確定申告は昔から難しいイメージ

会社員や公務員の人からすると、自営業者の確定申告の面倒さを見聞きすることが多く、昔から確定申告というものは相当大変なもののように思われているようなところがあります。そのため、副業で多額の副収入を得たため、法律上は確定申告をする義務が発生した会社員の中には、面倒だからと、確定申告の種類や仕方を覚えることに対して抵抗感を持つ人が多いと言われます。

どうしても申告はしないといけない

しかし、法律で決まっていることなので、会社員でも副収入の所得が年間20万円を少しでも超えてしまったら、確定申告を行わないといけません。そして「帳簿」という用語もよく聞くため、厳格な決め事が覚えた上で帳簿に日々のお金の出し入れの細かく記載して提出するイメージも持たれがちですが、厳格な帳簿の提出が必要ない簡易申告方法があります。

白色申告は初心者におすすめ

その簡易申告方法が白色申告で、はじめての確定申告の際は、こちらを選択するほうがおすすめです。なぜなら、こちらを選択した方がやや税額は高額になりますが、確定申告のためにすることや覚えることがだいぶ減り、確定申告に対する苦手意識・覚える憂鬱さがだいぶ和らぐからです。

青色申告は慣れてからでよい

青色申告は白色申告より難易度は上ですが、ただ難しいわけではなく、大変な分、いくつかの税制優遇があります。しかし初心者には難易度が高いのは確かです。そのため、慣れてきたら青色申告に切り替える形も良いですが、少しでも確定申告に対する苦手意識をなくしたい場合は初年度だけでも白色申告を選択するほうがおすすめです。

白色申告は簡単な帳簿づけをするだけでよく、また、個人事業を開業した際に事前申請をする必要がないのが特徴的です。