営業ノウハウがない時に最適!!営業活動の一部の代行も可能!!

2018年1月29日

営業ノウハウの蓄積ができる

新しく会社を立ち上げたり、新しい拠点を立ち上げる時、新たに営業社員を募集するかもしれません。営業経験のある人もいますがない人もいます。営業経験があっても業界が異なればノウハウが異なります。必ずしもうまく営業活動ができるとは限りません。そこで一部に営業代行サービスを利用します。サービスを利用すると、業種や目的に応じた活動をしてくれますが、それ以外にはノウハウの蓄積があります。新しい会社や拠点では全くノウハウがない状態ですが、それを営業代行のプロが築きます。そして一般の営業社員に引き継がせます。営業代行システムを長期的に利用するのではなく、営業ノウハウがない最初のみの利用が可能です。これなら営業コストは抑えられます。

営業活動の一部のみを依頼

営業の仕事は幅広いです。まず新規開拓などがあり、ルートセールスなどの御用聞きもあります。セミナーなどのイベントを開催したり、プレゼンも必要です。販売が決まれば納品の計画などをたて、請求書の発行から入金の確認まで行います。販売後のフォローなどもあります。会社によっては、営業の仕事のある部分だけが弱くて困っているところがあるようです。新規開拓ができない、イベントをうまく開催できない、納品をしてからの管理がうまくできないなどです。営業代行サービスによっては、部分的な業務の依頼ができます。新規開拓のアポだけを取ってくる仕事であったり、御用聞きのみの仕事です。それ以外の業務は自社の社員が行います。苦手部分の補完がしやすくなります。

営業代行は依頼主の企業に代わり、アポや契約を取るなどの営業活動を行うことです。営業を外部に任せることで経費削減にもなります。