社内SNSとはどんなものか

2018年2月28日

社内SNSとは社内のコミュニケーションツールとして活用されるソーシャルネットワークキングサービスです。社内SNSは一般で公開されているサービスの用に不特定多数の人が見られるものではなく、社内の人間だけで利用するものです。閉ざされたネットワークの中で業務に関する連絡を取れるので、外部に情報が漏れる心配はありません。SNSはメールを比べると複数の人で共有するのに適しているコミュニケーションツールなので、グループや部署内での情報共有がしやすい特徴があります。SNSを活用する事で全体での情報共有や報告や連絡ができるので、組織の管理人からしても全体が管理しやすくて業務の効率化に役立ちます。

社内SNSのメリット

社内SNSを使えば自由にグループを形成してコミュニケーションを取れるので、部署を超えたコミュニケーションを取れます。これによって部署間で交流がなくて社内で各部署が孤立している状態を改善して社内が一体となって業務をこなす事ができます。SNSで多くの人と簡単に情報共有ができるので、ノウハウの蓄積や構築がスムーズになります。基本的に社外で仕事をする社員や在宅勤務の社員が多い会社では社内で仕事をする人と社外で仕事をする人のコミュニケーションが上手く取れない事があります。社内SNSはマルチデバイスで対応できるので、社内にいる機会が少ない人ともコミュニケーションを取りやすくできます。メールで複数の人にメッセージを送信する時は宛先を複数設定したりと作業が多くなりがちですが、SNSでは無駄な作業が減るので業務の効率も向上します。

社内SNSを利用するとネット環境さえあれば簡単に情報の共有が可能です。外出先でも連絡が出来るので便利です。