内定者のフォローを行う事で得られるメリット

2018年3月1日

採用面接で良い人材を見つけ、内定をだしたら、今度は内定者フォローをしていく必要があります。内定を出して、そこで入社式まで何もしないままだと、内定者が不安になってしまう事もありますし、企業に対して不信感を抱かれてしまう事もあります。内定者フォローをするメリットは、内定者が安心して入社できるようにする事、入社したときにスムーズに仕事が出来るようにする事が大切となってきます。そして、内定者フォローのやり方としては、内定者教育ツールを使っている企業が多いです。内定者教育ツールを使う事で、内定者が入社するまでに必要な社員教育を受けてもらうことが出来ます。現在は新卒の就職活動の時期が、昔よりも遅くなってきているので、いかに内定後にフォローアップをしていけるかが重要です。

内定者フォローは教育だけではない?

また、内定者フォローと言うと、社員教育に重点を置かれがちですが、それ以外にも内定者とのコミュニケーションも欠かせません。内定者とうまくコミュニケーションをとっておかないと、内定辞退をされてしまう可能性も出てきます。内定通知を出したら、今度は内定者と定期的にメールやSNSと言ったものを使って、コミュニケーションが取れるような環境を作っておくと良いでしょう。コミュニケーションが円滑にとれていれば、内定者が入社する前に気軽に質問が出来るようにもなります。更に、早い段階で内定者フォローを行っておけば、内定者の知識・スキルレベルを上げることができ、働くぞと言うモチベーションを維持してもらうことが出来ます。

社員教育には新入社員研修から管理者研修までキャリアに合わせて様々なコースが組まれています。短いもので1日、長期のもので半年と長いものまであります。