新しい仕事のあり方を学ぶ!フランチャイズの仕組みを理解しよう!

2018年5月26日

フランチャイズ経営のメリットと注意点

フランチャイズは本部に当たる会社に加盟し、本部のルールに沿った方法で商品販売を行います。本部の名前を使用出来るので宣伝効果が高く、知名度の高い会社であればブランド名による固定客の確保が期待出来るのがメリットです。また、フランチャイズ方式の経営は販売や宣伝の方法を本部が決めるので経営方法の改善に手間を割く必要が無いのも特徴の一つです。その一方でフランチャイズ方式ではそれぞれの加盟店に独自の個性を出すことが出来ない点を注意する必要があります。また、一定額の料金を本部に納める契約を結ぶのが普通なので店舗によっては経営が厳しくなる問題もあります。そのため、契約を結ぶ際には店舗の立地環境や利用客の数を考慮して慎重に判断することが大切です。

フランチャイズの店舗経営に至るまでの手順

フランチャイズ方式の経営に加盟する場合、本部に当たる会社と契約を結びます。契約内容はそれぞれの会社で異なるので、業種や店舗の経営方針を考慮して最適な所を選ぶことが大切です。フランチャイズの店舗は会社の名前や商品を使える代わりにロイヤリティの支払い義務が生じるので、金額には特に注意する必要があります。支払う金額は大別して売上金に対する一定の割合か、売り上げに関係無く固定される二種類があるので会社ごとの違いを正しく把握することが重要です。フランチャイズの契約を結ぶと本部の方針にそった店舗経営を遵守することになるので社員教育が不可欠です。店舗オーナーに該当するフランチャイズ契約者以外に臨時雇用のパート従業員も方針に沿って勤務することになるので教育方法にも気を配る姿勢が求められます。

代理店とは売り出す商品などを扱う大元の企業から委託や権利を受けて、商品などを紹介したり売買したりする店舗のことをいいます。